教育分析

教育分析とは

 

1978年、私は著名なH. Greenbaum 先生に教育分析(training analysis)を受けたいとお願いしました。

先生の応えは、

「教育分析とは何ですか? 私はアナリストやセラピストの分析・心理療法はやっていますが、それでは不都合なのですか?」

でした。

ニューヨーク大学ベルビュー病院での、いきなりの分析体験でした。

当研究所の個人心理療法・集団精神療法による教育分析は、心理療法家・カウンセラーの成熟性を目指す心理療法です。

PAS心理教育研究所 理事長 小谷 英文

 

 

PASの教育分析

 

個人で受ける個人教育分析と、専門家が集まって共に受ける集団精神療法があります。

(1)個人教育分析

受講資格・対象
・臨床心理士・公認心理師有資格者、対人援助専門職の方
・それらを目指す学生

料金:10,000円/1回45分(税別)〜(学生の方は3,000円割引となります。)

頻度:原則週1回

 

(2)集団教育分析

○男性のためのアイデンティティ・グループ

セラピスト:小谷英文
日程:第1・2・3木曜(月3回) 16:40-17:55
料金:10,000円/月(税別)

 

○女性のためのアイデンティティ・グループ

セラピスト:小谷英文
日程:第1・2・3木曜(月3回) 18:00-19:15
料金:10,000円/月(税別)

 

○教育分析(グループ)

セラピスト:小谷英文
日程:第1・2・3木曜 19:30-21:00
対象:臨床経験10年以上の男女
料金:20,000円/月(税別)

 

心理職・対人援助職のためのグループ

セラピスト:髭香代子

コース内容:
心理職だから対人・集団場面でも緊張してはいけない、対人援助職だからうまく話せるはず、というとらわれから自由になって、人前でも気楽に自分の心と付き合い、人とも向き合えるようになるためのグループです。
45分の集団精神療法セッションを、休憩を挟んで2回行います。
まずは気楽に人の中でいられるようになることと、なんでも話していい、という感覚をつかむことを目指します。そういう場を、クライエントさんたちにも提供できる心理職・対人援助職になるために。

対象:
心理職・対人援助職・それらを目指す人(大学院生・初心者からベテランまで)

日程:第1・2月曜19:10-20:50(2回1クール)
*継続しての参加も、1クールのみの参加も可能です。

料金:1クール10,000円(税別)

こんな人にオススメです!:
心理職だけど対人場面や集団場面が苦手な人、対人援助職なのに人と話すのが苦手だからダメと思っている人。

 

 

教育分析の流れ

 

1)お申込み

研究所までお電話ください(Tel: 03-6407-8202)。

今回、教育分析・心理療法を求めた経緯や求めを簡単にお伺いし、初回面接の予約を入れます。

教育分析・心理療法を受けるか迷っているなど、お申込みのための整理が必要な場合はワンポイント・セラピィ(1回30分5,000円)を受けられます。

 

2)初回面接

初回面接:90分16,200円

セラピストと一緒に、自分の困っていること、求め、問題、なりたい姿、強みと弱み、心の動きの特徴、性格などを整理していきます。

それらの整理を踏まえた上で、教育分析で何を目指すのか、目標を組み立てます。

個人教育分析・集団教育分析、どちらがより適切かについては、お話を伺った上でご提案いたします。

教育分析に取り組む意志決定ができたら、継続面接に進みます。

 

3)継続面接(基本週1回45分)

初回面接で設定した目標を達成するまで面接を継続します。

 
 

お申込み・お問い合わせ

 
お気軽にお電話ください。
また、ご不明な点・ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

Tel: 03-6407-8202