遠隔地オンライン受講

 

日本全国・世界各地、どこからでも
PASの専門家向け研修のクラスがオンラインで受講できます

 

臨床実践力を向上させるために、学びたい、技術を身に着けたいと求めがあるのに、近くで受けられる機会がない、大都市で研修を受けると研修費より交通費の方が多くかかり定期的に通えないという心理・教育・看護・精神医療における臨床家の声を多く聞きます。

知識は常にアップデートする必要があり、技術習得には繰り返しの練習が必要なため、一度研修を受け、後は自分でというのは多くの苦労が伴います。定期的な学びと、学び合う仲間との関わりが重要です。

このたび、PAS心理教育研究所は、学びたい意欲がある人が日本中、世界各地どこにいても学ぶことができるように、月1回開催される通年クラスの多くをオンラインでも開講します。

初心者向けから、アドバンスドまで、様々なクラスを準備しております。

一人でやる臨床には限りがあります。日本中、世界中に仲間が作れます。

共に学び合いましょう!

 

PASのオンライン受講の特徴

 

PASのオンラインクラスは、講座が開講される時間に、同時にオンライン接続してクラスに参加するオンタイム形式を取ります。

 

なぜオンタイム授業なのか、それは“相互作用性”に理由があります。

PASの心理療法はその名の”精神分析的システムズ(Psycho-Analytic Systems)心理療法”の通り、ベースは精神分析的心理療法にあります。
カウチに寝そべる患者から見えない位置に分析家が座って解釈を行う精神分析から、患者と対面式で面接を行う精神分析的心理療法への展開は、心理療法空間をセラピストと患者・クライアントが互いに影響し合う空間へと変化させました。
この相互作用の中で、心理療法家は影響もたくさん受けながら、クライアントを理解し、介入します。
セラピストがクライアントから隠れていては、精神分析的心理療法としては成立しません。

もうおわかりでしょう。同時接続のオンタイムのクラスでは、遠隔地からでもタイムリーに質問をし、コメントをし、議論することができます。クラスに同時に参加し、関わる中で、自分の学びも仲間の学びも豊かになります。

 

 

オンライン受講募集 講座・プログラム

 

PASのクラスは初心者からベテランまで一同に学ぶことで、自分の今いる位置で学びながら、初心者はベテランから、ベテランは初心者から互いに学びあえるクラスを行っています。

受講を検討しやすよう、以下にクラスの主な対象ごとに分類して、講座・プログラムを紹介しますが、全てのクラスは初学者からベテランまで全ての方が受けられます。

 

 

初学者〜中級者向け基礎固めクラス

 

No.201-4 ガイダンスとカウンセリングの基礎

 

講師:小谷英文

単位:1単位

目標:
ガイダンスおよびカウンセリング心理学の系譜と現代の位置付けを理解し、実践技法を学ぶ基礎となる理論を身につけることを目標とする。

内容:講義と演習
1.ガイダンスとカウンセリング心理学
2.カウンセリング心理学と臨床心理学
3.ガイダンスの理論と技法
4.カウンセリングの理論と技法
5.カウンセリングと心理療法

受講資格:心理相談講座、心理相談入門講座受講生。その他、公認心理師、臨床心理士、PASセラピスト、精神科医、精神看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラーの現任者

対象:上記講座受講生および上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第2月曜日19:00-21:00
2020/5/11, 6/8, 7/13, 9/14, 10/12, 11/9, 12/14, 2021/2/8, 3/8, 4/12

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000円(税込)

定員:30名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

No.201-5 臨床心理学の基礎

 

講師:小谷英文

単位:1単位

目標:
心理療法が成立するに至った臨床心理学の系譜を学び、心理療法成立の過程から心理療法を学ぶ上で欠かせない基礎概念と理論を学ぶことを目標とする。

内容:講義と演習
1.フロイト以前
2.フロイト以降
3.人間性回復運動
4.心理療法黄金時代
5.現代の臨床心理学

受講資格:心理相談講座、心理相談入門講座受講生。その他、公認心理師、臨床心理士、PASセラピスト、精神科医、精神看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラー

対象:上記講座受講生および上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第3月曜日19:00-21:00
全10回
2020/5/18, 6/15, 7/20, 8/17, 10/19, 11/16, 12/21, 2021/1/18, 2/15, 3/15

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000円(税込)

定員:30名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

No.201-6 事例演習基礎

 

講師:小谷英文

単位:1単位

目標:
臨床心理学は、今や世界のAI時代への展開によってデータ主導の展開が強くなってきているが、臨床心理学による心理相談は、本来危機状況の「人」と向かい合って行う1対1で床に侍るすなわち臨床の学であった。1対1で徹底して相手を理解するということが臨床心理学の事例という意味である。個々一人一人の人と、臨床家や相談者が向かい合うことができるのか、事例理解とはどういうことなのかを理解することを目標とする。

内容:講義と演習心理相談事例をどのように理解できるか、事例資料とケースフォーミュレーションをもとに毎回相互の理解を紐解いていく。事例となっている多くの人に会う演習である。
受講資格:心理相談講座、心理相談入門講座受講生。その他、公認心理師、臨床心理士、PASセラピスト、精神科医、精神看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラーの現任者

対象:上記講座受講生および上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第4月曜日19:00-21:00
全10回
5/25, 6/22, 7/27, 9/28, 10/26, 11/30, 2021/1/25, 2/22, 3/22, 3/29
(2021年3月は第5週を含む2回)

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000円(税込)

定員:30名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

 

初級者〜ベテランまで:心理療法・カウンセリングの実践理論・技術講座

 

No. 201-1 PAS 不安力動原論

講師:小谷 英文

単位:1 単位

目標:
現代の多くの臨床処方が不安を遠ざけている。不安を正面 から取り上げ治療課題としたのがフロイトであったが、精神分析が医療の表舞台から退いた今日、実際には心理療法やカウンセリング、そのほか全ての心理相談で対峙する表玄関とも言える不安を理解する術が失われている。フロイトの心の理解を基軸とする PAS 理論においては、不安は最も重要な変数と見なされている。この不安力動を理解することが本コースの目標である。

内容:
1. 心の働き:構造論、欲動展開理論
2. PEA理論
3. 驚愕反応
4. ピニー症候発達理論
5. 現実不安と神経症不安

受講資格:公認心理師、臨床心理士、PAS セラピスト、精神科医、精神看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラーの現任者

対象:上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第 1 水曜日 19:00-21:00
全 10 回
2020/6/3, 7/1, 8/5, 9/2, 10/7, 11/4, 12/2, 2021/1/6, 2/3,3/3

料金:88,000 円(税込)

定員:30 名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

No. 201-2 不安面接法

 

講師:小谷 英文

単位:1 単位

目標:
全ての心理相談の意味ある展開の始まりは、不安のとらえにかかっている。実際の面接展開において、不安をどのようにキャッチしそこからの作業展開を起こせるか、実践的な面接技術の習得を目標とする。

内容: ロールプレイによる演習
1. 面接 DER 技法
2. 不安の波と粒のとらえ
3. 不安のフィードバック起動
4. 現実不安と神経症不安の区別
5. 不安相談

受講資格:心理相談講座、心理相談入門講座受講生。その他、公認心理師、臨床心理士、PAS セラピスト、精神科医、精神 看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラーの現任者

対象:上記講座受講生および上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第 2 水曜日 19:00-21:00
全 10 回
2020/ 5/13, 6/10, 7/8, 9/9, 10/14, 11/11, 12/9, 2021/1/13, 2/10, 3/10

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000 円(税込)

定員:30 名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

No.201-3 メンタライゼィション

 

講師:小谷 英文

単位:1単位

目標:
相互作用メイトリックス展開の中、自他の区別を明瞭に保持し相手の心理学的プロセスを捉えて、同時に自身のプロセスも捉え言語化できる能力を練磨する。

内容:講義と演習
1.メンタライゼィションの力動
2.メンタライゼィションの発達と防衛
3.ジェヌインネス
4.面接過程における自己プロセスと共感
5.メンタライゼィション展開の面接法

受講資格:心理相談講座、心理相談入門講座受講生。その他、公認心理師、臨床心理士、PASセラピスト、精神科医、精神看護師、CNS、スクールカウンセラー、学生相談カウンセラーの現任者

対象:上記講座受講生および上記資格があり、申込書審査によって受講を認められた者

日程:第3水曜日19:00-21:00
全10回
5/20, 6/17, 7/15, 8/19, 9/16, 10/21, 11/18, 12/16, 2021/1/20, 2/17

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000円(税込)

定員:30名

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

 

自分の面接の特徴を掴み、共感的理解を学ぶ講座

 

No.201-14 対人援助職のための応答構成法(オンライン受講生募集中)

 

講師:能幸夫・吉田愛

単位:1単位

目標:
面接場面でどのようにクライエントに反応し、応えているのか、自分の特徴をつかむこと。また、自分の応答のバリエーションを増やし、精錬していくこと。

内容:
応答構成とは、架空の事例のある面接場面(抜粋)を読み、自分であればどのように応えるか、実際に応答を作ってみるグループワークショップです。クライエントの具体的な発言に対して、ワークシートを使いながら、自分とクライエントの「考えと認知」、「気持ちや感情」、「行動」を識別し、自分らしくクライエントに応答できるようになることを目指します。(このプログラムには事前課題があります)
1.思春期女子と中年期男性の心理療法から取り出した、16の面接場面において、応答をつくる。
2.自分の「考えと認知」「気持ちや感情」「行動」(実際の応答)を振り返り、自分の特徴をつかむ。
3.メンバーや講師のコメントや応答を活かし、自分の応答を精錬する。
4.最終回には、16抜粋の応答をマニュアルに沿って分析し、対人援助職の自分としての特徴を総括する。

受講資格:現任の対人援助職従事者、大学院生。現在心理療法を行っていない方でも、関心のある方は参加可能(事前にご相談ください)。

対象:対人援助職に従事している方(臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど)および、対人援助職を目指す大学院生

日程:第1もしくは第2日曜9:30-17:15
全6回
5/10, 7/5, 9/6, 11/8, 2021/1/17, 2/7

料金:88,000円(税込)

定員:5名内外

 

No.204-5 応答構成入門―共感的理解のための実践演習

 

講師:吉田 愛・能 幸夫

単位:0.25単位(1回)

目標:
面接場面でどのようにクライエントに反応し、応えているのか、自分の特徴をつかむこと。また、共感的理解の本質を体験的に理解すること。

内容:
応答構成とは、架空の事例のある面接場面(抜粋)を読み、自分であればどのように応えるか、実際に応答を作ってみるグループワークショップです。クライエントの具体的な発言に対して、ワークシートを使いながら、自分とクライエントの「考えと認知」、「気持ちや感情」、「行動」を識別し、自分らしくクライエントに応答できるようになることを目指します。(このプログラムには事前課題があります)基礎科目「対人援助職のための応答構成法」に部分参加し、応答構成法を試し、そこから共感的理解の本質を体験的に学びます。自分の捉えたクライエントの体験についての理解を伝えることが、共感的理解の基礎となります。応答構成法を使いながら、自分の体験とクライエントの体験を識別し、理解を伝えることを、架空の事例を使いながら演習形式で行います。

対象:対人援助職に従事している方(公認心理師、臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど)および、対人援助職を目指す大学院生。現任の対人援助職従事者、大学院生。現在心理療法を行っていない方でも、関心のある方は参加可能(事前にご相談ください)。

日程:日曜日9:30-17:15
年6回
5/10, 7/5, 9/6, 11/8, 2021/1/17, 2/7
※1回のみの参加、複数回の参加も可

料金:1回16,500円(税込)

定員:5名内外

 

 

精神分析の基本、フロイトを学ぶ

 

No.202-4 フロイト文献講読講座第V期(オンライン受講生募集中)

 

講師:能幸夫(ナビゲーター)・花井俊紀(アシスタント)

単位:1単位

目標:
フロイト文献講読講座第V期は、主としてあるいは大きく性愛を扱ったフロイトの著作リスト(Strachey, J., 1953)にある諸論文に挑む。精神分析における性愛とは何か。精神分析が汎性欲説として最も社会から批判され、非難された主題でもある。フロイトの著作を当たることにより、その誤解を解き、フロイトがわれわれ人類の本質として、対象に近づき、性愛を実現し、後世に自分の形質を継いでいく大きなエネルギーとしての性愛性を捉えてきていることが理解できるであろう。大きな学びとなる性愛にチャレンジしてみよう。

内容:
1)10回の各回に以下の諸論文を読み込んでいく。

01.神経症の病因論における性(1898)
02.性理論のための三篇(1905)・『性理論のための三篇』第二版へのまえがき(1910)
03.神経症の病因論における性の役割についての私見(1906)・子供の性教育に向けて(1907)・「文化的」性道徳と現代の神経質症(1908)
04.性格と肛門愛(1908)・幼児期の性理論について(1908)・精神分析について(1910)
05.レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期の想い出(1910)・男性における対象選択のある特殊な型について(1910)
06.性愛生活が誰からも貶められることについて(1912)・自慰についての討論のための緒言・閉会の辞(1912)・強迫神経症の素因(1913)・精神分析への関心(1913)
07.欲動変転、特に肛門性愛の欲動変転について(1917)・処女性のタブー(1918)・「子供がぶたれる」(1919)
08.女性同性愛の一事例の心的成因について(1920)
09.幼児期の性器的編成(1923)・エディプスコンプレックスの没落(1924)・解剖学的な性差の若干の心的帰結(1925)
10.リビドー的な類型について(1931)・女性の性について(1931)

2)あらかじめ配布された諸論文を事前に読み、各論文ごとに面白いと思った箇所を3か所用意する。
3)仲間と積極的にディスカッションし、文献の理解を深める。

受講資格:
現任の臨床家(公認心理師、臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、ソーシャルワーカー、作業療法士など)および関心のある大学院生(臨床心理など)、フロイト理論に関心のある方
対象:初心から中堅、もしくはベテランの臨床家およびフロイトに直接関心のある方(必ずしも臨床家にかぎらずフロイトに関心のある人)。

日程:第2木曜19:00-21:00
全10回
5/14, 6/11, 7/9, 9/10, 10/8, 11/12, 12/10, 2021/1/14, 3/11, 4/5

※ 緊急事態宣言が解除されない場合、5月はオンラインでの開催となります。

料金:88,000円(税込)

定員:5名内外

※ 本講座は、教室でのクラス開講と同時接続でのオンライン受講が可能です。希望される方は申込書に「オンライン受講希望」をお書きの上、お申込みください。

 

 

精神科看護師・専門看護師(CNS)向け講座

 

No.204-4 PAS-SCTプロ養成プログラム(オンライン受講生募集中)

 

講師:小谷英文

単位:1単位

目標:
PAS-SCT面接技法の修練、精錬を重ね考えなくとも技法展開を進めることができるプロを養成することを目的とし、年々歳々、訓練生自身で自己の訓練目標を定めこれを目標として追求する。

内容:演習と講義
第1回:1)危機介入面接法、2)メンタライジング、3)相互作用メイトリックスの運用
第2回:1)フィードバック、2)ケースフォーミュレーション、3)不安面接法
第3回:1)一拍子打ち、2)介入分析面接法、3)介入事例報告法
第4回:1)構成-再構成面接法、2)セラグノーシス面接法、3)PAS事例研究法

受講資格:CNS、NP等のAPN、臨床経験3年以上の精神科看護師、看護管理者、看護教育者。

日程:全4回
第1回:9/26(土)・9/27(日)
第2回:12/5(土)・12/6(日)
第3回:2021/3/6(土)・3/7(日)
第4回:2021/4/24(土)・4/25(日)

料金:220,000円(税込)

定員:26名

1. 慢性疾患患者への最新セルフケアプログラム

 

講師:宇佐美 しおり

目標:
慢性疾患患者(悪性腫瘍、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、精神疾患など五大疾患)への最新セルフケアプログラムすなわち、精神状態・自我・人格・力動的発達・セルフケア能力を総合アセスメントし、ケース・フォーミュレーションをもとにセルフケア上の目標とケアプランが事例を通じて展開できるようになる。患者の早期回復を促し地域生活の促進・維持を可能にするセルフケアプログラムを理解する。

内容:講義及び事例検討

第1回(5/23):最新セルフケアプログラムにおけるセルフケアの意図的過程とマズローの欲求理解
第2回(6/27):最新セルフケアプログラムにおける力動的アセスメント
第3回(7/25):最新セルフケアプログラムにおける主訴の聴取
第4回(8/22):最新セルフケアプログラムにおけるMSE(精神状態の査定)の実施とMSEに応じた看護介入方法
第5回(9/12):最新セルフケアプログラムにおける自我機能(防衛機制と適応能力)の理解と看護介入方法
第6回(10/24):最新セルフケアプログラムにおける人格機能の査定と人格の特徴に応じた看護介入方法
第7回(12/26):最新セルフケアプログラムにおける自己の理解と看護介入方法
第8回(1/23):最新セルフケアプログラムにおける力動的発達の理解と発達に応じた看護介入
第9回(2/13):最新セルフケアプログラムにおけるセルフケア能力、セルフケアの把握とアセスメント
第10回(3/27):最新セルフケアプログラムにおける総合アセスメント、ケースフォーミュレーションとセルフケア上の目標、看護介入

受講資格:看護師経験3年以上、専門看護師(CNS)、高度実践看護師(APN)、看護管理者、看護系大学院生も可。

日程:第4土曜10:00-12:00(9月・2月は第2)
2020/5/23, 6/27, 7/25, 8/22, 9/12, 10/24, 12/26, 2021/1/23, 2/13, 3/27

対象:自分の受け持ち患者、部下・同僚・スタッフへの関わり方、最新セルフケアプログラムを学びたい人におすすめです。

料金:88,000円(税込)

定員:15名

 

2. PASセルフケアセラピィ(PAS-SCT)

 

講師:宇佐美 しおり

目標:
身体疾患でうつや適応障害を有する患者、行動化や自傷行為、重複疾患や入退院の繰り返し、地域生活が維持できない患者、長期入院予備軍の患者などケア困難になった患者に対し、事例を理解するためのケース・フォーミュレーションを行い、セルフケアプログラムからさらにPAS-セルフケアセラピィ(PAS-SCT)展開を、事例を通じて理解する。セルフケアプログラムからさらに進んだ治療的介入技法を学び患者の回復・地域生活を促進する。

  • ケースフォーミュレーションとは:セルフケアプログラムの組み立てを行う中心部分であり、1.何がセルフケアを低下させているのか、2.どこに介入するとセルフケアが改善するのか、を明確にすることをさす。ケースフォーミュレーションをもとにセルフケア上の目標・課題、ケアプランが展開する。
  • PAS-SCTとは:地域生活や退院促進で課題となっているセルフケアに対し、無意識・前意識の衝動・欲求を模索し問題と成るセルフケアについて意図的にセルフケアを展開し改善できるようにDER技法を用いて患者のPEAを促進する確実で効果的なセルフケア介護介入技法である。

内容:講義及び事例検討

第1回(5/23):セルフケアの意図的過程を促進する介入技法–PEA(認知・情動・行動)紐過程とDER(Describe, Express/Explain, Response)技法、ノーダルポイント–
第2回(6/27):治療的看護師・患者関係の展開–初コンタクト・グランドメイトリックス・心的安全空間・相互作用メンタルメイトリックス・セラグノーシス–
第3回(7/25):主訴の聴取・作業同盟・セルフケアプログラム
第4回(8/22):依存性の強い患者のケースフォーミュレーションとPAS-SCT介入
第5回(9/12):訴えの多い患者のケースフォーミュレーションとPAS-SCT介入
第6回(10/24):身体が動かなくなった患者のケースフォーミュレーションとPAS-SCT介入
第7回(12/26):行動化・自傷行為を繰り返す患者のケースフォーミュレーションとセルフケアプログラム・PAS-SCT介入
第8回(1/23):入退院の繰り返し・長期入院患者のケースフォーミュレーションとセルフケアプログラム・PAS-SCT介入
第9回(2/13):隔離・高速が取れない患者のケースフォーミュレーションとセルフケアプログラム・PAS-SCT介入
第10回(3/27):困難な組織・チームへの介入

受講資格:看護師経験3年以上、専門看護師(CNS)、高度実践看護師(APN)、看護管理者、看護系大学院生も可。

日程:第4土曜12:30-14:30(9月・2月は第2)
2020/5/23, 6/27, 7/25, 8/22, 9/12, 10/24, 12/26, 2021/1/23, 2/13, 3/27

対象:自分の受け持ち患者、部下・同僚・スタッフへの関わり方、最新セルフケアプログラムを学びたい人におすすめです。

料金:88,000円(税込)

定員:15名

 

 

オンライン受講にプラスして、年4回のスクーリング講座

 

オンライン受講に、年4回のスクーリングクラスを組み合わせることで、オンラインだけでは学べない技術・態度などを身に着け、学びを立体的にすることができます。

また、PASに来室して、直接、講師や他の受講生と顔を合わせることで、共に学ぶ仲間の感覚を強くすることもできます。

→基礎から徹底して学ぶ専門技法2020をご覧ください

 

 

お申し込み方法

 

お申し込みは、下記リンクより申込書をダウンロードの上、研究所アドレスまでメールでお送りください。

研究所アドレス:pas@pas-ins.com

 

「専門家向け研修 公開講座・看護プロフェッショナルプログラム」の申込書はこちらから

PDFファイル

wordファイル

 

 

©PAS心理教育研究所