PROFESSIONALS TRAINING専門家向け研修

お申し込み方法
専門家向け研修のご案内 > 単発プログラム-ワークショップ・集中演習 > 223-8 ソーシャルワーカーのための個人面接の組み立てとセルフケアプログラムの基礎

223-8 ソーシャルワーカーのための個人面接の組み立てとセルフケアプログラムの基礎

講師

能 幸夫

目標

ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、社会福祉士といった福祉分野の対人援助に際して、個別援助と言われるクライエント本人との間の具体的な援助は、個人面接によってなされるものである。本ワークショップでは、ソーシャルワークにおける個別援助のための面接の組み立て方の基礎を学ぶ。その上で、福祉分野における個別援助において、往々にして失われているクライエント自身のセルフケアに関して、その獲得および回復の手助けをするセルフケアプログラムを個人面接の組み立てとつなぎ、ソーシャルワークの個別援助の展開をより明確にしていくことが目的となる。

内容

1.個人面接の組み立て方:主訴の聴取とインテーク面接の組み立て方
2.危機介入と『介入-判断-処置』の技法
3.セルフケアプログラムの組み立て:ケアプランとその実行プロセス
4.セルフケアプログラムの実際:技法の組み立てとその要諦

テキスト

小谷英文編著・宇佐美しおり共著『PASセルフケアセラピィ』

対象

ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、社会福祉士、デイケアスタッフ、公認心理師、臨床心理士、精神科・心療内科看護師、作業療法士など。

日程

全4回
5/29,9/25,12/18,2/19(日曜日開催)時間:9:30-16:30

料金

4回パック申込 59,500円(税込) 各回 16,500円(税込) 各回申込可
*パック申込の場合2割引になります  *分割支払い可

定員

6名

備考

遠隔の方でオンライン受講を希望の方はご相談ください。