PROFESSIONALS TRAINING専門家向け研修

お申し込み方法
専門家向け研修のご案内 > 単発プログラム-ワークショップ・集中演習 > 213-3 対人援助職のための応答構成入門
―共感的理解のための実践演習

213-3 対人援助職のための応答構成入門
―共感的理解のための実践演習

講師

吉田 愛・能 幸夫

取得単位

0.25単位(1回)

目標

面接場面でどのようにクライエントに反応し、応えているのか、自分の特徴をつかむこと。また、共感的理解の本質を体験的に理解すること。

内容

応答構成とは、架空の事例のある心理療法面接場面(抜粋)を読み、自分であればどのように応えるか、実際に応答を作ってみるグループワークショップである。
クライエントの具体的な発言に対して、ワークシートを使いながら、自分とクライエントの「考えと認知」、「気持ちや感情」、「行動」を識別し、自分らしくクライエントに応答できるようになることを目指す。(このプログラムには事前課題があります)
基礎科目「対人援助職のための応答構成法」に部分参加し、応答構成法を試し、そこから共感的理解の本質を体験的に学ぶ。
自分の捉えたクライエントの体験についての理解を伝えることが、共感的理解の基礎となる。応答構成法を使いながら、自分の体験とクライエントの体験を識別し、理解を伝えることを、架空の事例を使いながら演習形式で行う。

対象

対人援助に従事している方および対人援助職を目指す大学院生。現在心理療法を行っていない方でも、関心のある方は参加可能(事前にご相談ください)。
また、本プログラムは心理療法の面接場面を使って行うが、ソーシャルワーカーや精神保健福祉士、教師など、対人援助職に従事されている方で「共感的理解について理解したい」「自分らしい応答を身に付けたい」方も受講可能。

日程

全6回 5/9, 7/4, 9/5, 11/7, 1/16, 2/6(日曜日開催)
時間:9:30-17:15
1回のみの参加(最終回のみの参加は不可)複数回の参加も可。

料金

各回16,500円(税込)

定員

5名内外