PROFESSIONALS TRAINING専門家向け研修

お申し込み方法
専門家向け研修のご案内 > 単発プログラム-専門科目 > 212-3 介入分析法:面接展開/ケースフォーミュレーション
(必修:相談②③、選択:相談①)

212-3 介入分析法:面接展開/ケースフォーミュレーション
(必修:相談②③、選択:相談①)

講師

小谷英文

取得単位

1単位

目標

介入とは宝を掘り出すか、種を蒔き実らせるためにまるで畑を耕すように、対象に関わることである。介入によって対象の見えない世界を見えるように、本当に美しいものを見えるようにすることである。このことが実現できる介入とはどのようなものか、実践トレーニングによって身につけることを目標とする。

内容

過去、現在、未来に時間変数は無用とする量子力学的空間、即ちセラピストが介入することによって展開する時々刻々に変化するクライエント-セラピスト関係における介入面接展開と分析法を学ぶ。

1.ロールプレイ法による介入技術の習得
・一拍子打ち
・フィードバック
・セラグノーシス
 
2.介入と同時の分析展開法の習得

対象

現任の心理職、精神科医、看護師、CNS、心理職を目指す大学院生

日程

第4木曜日 19:00-21:00 全10回
5/27, 6/24, 7/29, 9/30, 10/28, 11/25, 12/23, 1/27, 2/24, 3/24

料金

88,000円(税込)

定員

20名