PROFESSIONALS TRAINING専門家向け研修

お申し込み方法
専門家向け研修のご案内 > 単発プログラム-特別科目 > 210-2 心理力動論特論:エディプス力動論

210-2 心理力動論特論:エディプス力動論

講師

能 幸夫

取得単位

0.8単位

目標

『心理力動論の基礎』の特別講義。Freudの神経症論の中核葛藤としてのエディプス力動について、その概念定義と普遍性について理解する。また、エディプスコンプレクスの発見の過程としてのFreudの自己分析のプロセスと、エディプス力動を扱うエディプス面接法について学ぶ。

内容

テキストおよびサブテキストを事前に読み、それに基づいて理論講義に積極的に参加し、ディスカッションを行い、理論概念の理解を確かなものにする。
1. エディプスコンプレクスとエディプス力動
2. エディプスコンプレクスの普遍性と病理性
3. Freudの自己分析
4. エディプス面接法①
5. エディプス面接法②
6. エディプスコンプレクスの諸相

テキスト

小谷英文著『精神分析的システムズ心理療法―人は変われる―』
サブテキストとして、能幸夫編『心理力動論の基礎』も用いる(配布予定)

対象

プロフェッショナル・スクール在籍生。他、現任の心理職、精神科医、心理職を目指す大学院生で受講を認められたもの

日程

12~4月 第2~4月曜 19:00-21:00 全8回(Ⅰ~Ⅲ全24回中)
12/27,1/24,1/31,2/14,2/21,2/28,3/14, 4/11
(1/17,3/28は別途、必修専門科目)

料金

70,400円(税込)

定員

本科生を除き7名