夏こそ磨こう!カウンセリング・心理面接スキルアッププログラム

 

夏こそ磨こう!カウンセリング・心理面接スキルアッププログラム
―応答構成・ロールプレイ・グループを活かした面接力アップのワークショップ―

 

カウンセリング・心理面接におけるクライエントの自由な自己表現は、カウンセラーやセラピストの 主体的な営みによって実現します。
感じること、理解すること、分析すること、介入すること、これらの主体的な営みを自分のものにするために、自分の心と体を磨きましょう。
運動部に所属したことがある人ならわかります。
夏合宿や夏休み中の練習にしっかり取り組めば、夏の終わりには夏の初めとまったく違う力や技術を得て成長した自分がいることを。
さあ、この夏こそ、仲間とともに自分を磨いてみましょう!

 

応答構成とは?

応答構成とは、事例のある面接場面の一抜粋(インシデント)を読み、自分であればどのように応えるかを、実際に応答を作ってみる訓練法です。
クライエントの具体的な発言に対して、ワークシートを使いながら、自分とクライエントの「考えと認知」、「気持ちや感情」、「行動」を識別し、自分らしくクライエントに応答できるようになることを目指します。

 

講師

能 幸夫(PAS心理教育研究所 所長・湘南病院相談室室長)
吉田 愛(PAS心理教育研究所 セラピスト)
南 貞雅(PAS心理教育研究所 セラピスト・東京大学駒場学生相談所 非常勤相談員)

※ 講師紹介がこのページの最後にあります。

 

プログラム目標

今の自分を起点に、カウンセリング・心理面接の面接力をもう一歩、さらにもう一歩前に進め、アップすることが目標です。

そのために、具体的な目標としては、

  1. 今の自分の臨床的な課題を同定する。
  2. その課題の克服のために、応答構成、ロールプレイに主体的に取り組む。
  3. 仲間の取り組みに対して、積極的に助言をしていく。
  4. グループでの取り組みによって、推進力を以って課題に取り組める感覚をつかむ。

 

こんな方におすすめです

初心から、改めて自分の心理面接をもう一度点検し直したい臨床家も含めて、自分の心理面接を磨こうとする臨床心理士、公認心理師、看護師、医師の方。

 

日程

2020年8月8日(土)〜11日(火) 4日間全参加のこと

8月8日:    13:15 受付開始、13:30スタート
8月9日・10日: 午前から夕方まで一日
8月11日:    13:00終了

会場

PAS心理教育研究所

  • 住所:〒153-0041 東京都目黒区駒場2-8-9(京王井の頭線 駒場東大前駅 徒歩5分)

 

定員

6名(先着順)

 

料金

35,200円

 

お申込み方法

以下のリンクより申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、E-mailまたはFAXでPAS心理教育研究所までお送りください。

申込書(PDFファイル)

申込書(wordファイル)

 

講師紹介

能 幸夫

PAS心理教育研究所 所長・湘南病院相談室 室長

専門資格:臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士

PAS心理教育研究所の前身にあたる東京心理臨床システムズ研究所(TIPS)一期生で、訓練歴は30年以上になる。
心理療法の訓練には、何年経っても汲み尽くせないクライエントの未知なる豊かな世界があることを実感している。
応答構成訓練は、ここ十年、同じ素材をもとに取り組んでいるが、毎回、新たな発見に出会い、汲み尽くせぬ豊かさを体験している。

 

吉田 愛

PAS心理教育研究所 セラピスト

資格:臨床心理士

PAS心理教育研究所プロスクール本科・専攻科修了。応答構成コ・トレーナー。

自分自身と参加者それぞれのセンスを活かし、専門性を磨く愉しみを体験できるようなトレーニングプログラムにしたいと思っています。

 

南 貞雅

PAS心理教育研究所 セラピスト・東京大学駒場学生相談所 非常勤相談員

資格:臨床心理士

PAS心理教育研究所プロフェッショナルスクール精神分析的心理療法コース
本科過程修了(3年間)
同 専攻科過程修了(2年間)

 

 

©PAS心理教育研究所