創造性再開発プロジェクト

 

危機やマンネリ、限界を超えようとするところに創造性を!

 

こんな自分はつまらない。
このままじゃまずい。
でもこのへんが自分の限界だろう。
自分なんてどうせこんなもの。
危機感やマンネリ感、停滞感を感じながらもどうにもならない、
となかば放り投げているあなた。

ほんとうに超えたい壁があるならば、そこには創造性が必要です。
そして創造性の発揮には、自分で決めている限界をとっぱらうことが必要です。

いつもとちがうことをするのはこわい?
自分を思いきり表現するのは恥ずかしい?
どうせ無理だと思ってしまう?

同じ志の仲間と、自分の創造性再開発実験に取り組んでみましょう!
この夏の一大プロジェクトにしましょう。

 

グループセラピスト

髭 香代子(PAS心理教育研究所 セラピスト)

臨床心理士。グループ嫌いだったはずなのに、集団精神療法を始めて約15年。かんたんには見えない魅力に取り憑かれているのかもしれません。

 

プログラムの目標

日常で自分が行き詰まりを感じている壁を明確にし、それを乗り越えるために、いつもの自分から離れ、あたらしい表現、思いきった表現を試します。

自由に表現を楽しめるようになることが、創造性の発揮につながります。

 

プログラムではどのようなことをするのか

今ここで自分をおたがい語り合うなかで、それぞれが過去―現在―未来の自分を見出すことのできる、小集団精神療法方式のグループ・プロジェクトです。

使う道具は言葉だけ。
自分の中でうごめくエネルギーを外に出して表現することで、自分のかたちが見えてきます。
人の表現を聞き、エネルギーを感じることで、人のかたちが見えてきます。
さらに、人と自分とのちがいを感じることで、自分らしさがますますよく見えてきます。

徹底して今の自分とつきあい、自分らしさを追究します。

 

こんな方におすすめ

  • 何かのかたちで自分を表現したいけれどうまくいかないと思っている人
  • 創造性という言葉にぴんときた人
  • 自分の限界を突破したい人

 

日程

2020年8月8日(土)〜11日(火) 4日間全参加のこと

8月8日:    12:45 受付開始、13:00-17:50
8月9日・10日: 9:30-18:00
8月11日:      9:30-12:30

※ 参加に向けた準備のための事前面接(30分無料)を行います。申込受理後に日程を決めます。

 

会場

PAS心理教育研究所

  • 住所:〒153-0041 東京都目黒区駒場2-8-9(京王井の頭線 駒場東大前駅 徒歩5分)

 

料金

社会人:55,000円(税込)
学生: 44,000円(税込)

 

定員

5名(先着順)

 

お申込み方法

以下のリンクより申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、E-mailまたはFAXでPAS心理教育研究所までお送りください。

FAX: 03-6407-8201
E-mail: pas@pas-ins.com

申込書(PDFファイル)

申込書(wordファイル)

 

 

©PAS心理教育研究所