新型コロナ対応メンタルコーチング3(2020/5/22)

 

→ワンポイントメンタルコーチング1・2はこちらから

 

ワンポイントメンタルコーチング3

 

日常に戻る困難
自分のメンタル対応に勇気を

 

新型コロナのワクチンが出来、それが一般使用できるようになるまでパンデミック脅威は続きます。危機状態の慢性化は個人にも社会にも健康と心的安全を保つことを難しくします。しかもこのような経験を現代人は持っていません。自分自身の平常心を取り戻し維持することは簡単ではありません。

このことを自覚し、心と身体の健康管理を意識して心がけましょう。

 

現代人は、人のネットワークの中で生きることに馴染み、一人で生活することに多くの弱点を有していることを意識しないようになっています。社会生活から距離を置く自粛生活が続き、人々は人の中で働き、つながり、楽しみ、安定を得ていた当たり前のことが、失くなってしまう事態にしばらくは現実感を持てなく戸惑いが続くことでしょう。

人なかでの安心感

人まえでの優越感

評価されることによる自尊心

一員であることによる自己感

 

これらの当たり前であった感覚がいつの間にか失われ、何か落ち着かず、不全感、不足感、違和感、イライラ感が、少しずつ沈殿し、自分が自分である自己感は薄まり、自分の考えと行動、行動と気持ち、考えと気持ちがどこかずれて、果ては自分を見失うことも起こります。

自分を失った状態になりそれを意識できず不安なままに過ごしていると、そのストレスから不眠や、食欲、胃腸、便通、皮膚、の変調をきたし、腹痛、下痢、めまい、胸痛、等々、様々な身体不調が現れることが少なくありません。ストレス障害とか心的外傷ストレス不安や障害と呼ばれる心の不調の身体への現れです。

病気ではない「うつ反応」が、風邪のように誰もがかかるものになってしまうことが予測されます。いわれのない被害感が強くなり、かつて多くみられた精神反応の一つ「対人恐怖」や現代の「引きこもり」の誘引も、強くなる可能性があります。

社会的には、反社会性が強まり、交通トラブルや事故、外傷を負わせる犯罪が増える恐れもあり、社会そのものが懲罰的になり強迫性やヒステリー性を高め、窮屈で不安定な社会の風潮が強くなる可能性もあります。

家庭や教育の場そして職場で、これら上記の問題は顕著になる可能性があります。子供も大人も、平常心を保ちにくいという自分に違和感を感じたら、できるだけ早くメンタル支援を求めましょう。メンタルな動揺/不安が障害として根付く、その前の対応が肝要です。

 

 心と体のバランスに変調を感じたとき、勇気を持って最も身近な人に助けを求めましょう!

それでも落ち着かないとき、気軽に心の専門家に声をかけましょう! 

 

 

 

PASコロナストレス対応

 

PAS心理教育研究所のコロナストレスへの対応をまとめたものを一般公開します。
今回のコロナ状況の中で何に気をつけ、何をなすべきか、必要な「個人への対応」と「集団への対応」がまとめられています。

PASコロナストレス対応(PDFファイル)はこちらをクリック

 

  • このPDFファイルの著作権は、PAS心理教育研究所に帰属します。
  • ファイル及びその内容の利用は、業務、私的関わらず、個人利用に限定してください。
  • 有償・無償関わらず、このファイルの無断での配布、転載、複写は一切禁じられています。特に、情報の誤った形での配布、転載、ファイルの内容とは異なる意図での部分引用は、非常に危険なので絶対に避けてください。
  • 著作権の損害に対しては、見つけ次第厳正に対処いたします。
  • 個人利用以外での活用をご希望の方は、当研究所(pas@pas-ins.com)にお問い合わせください。

 

 

©PAS心理教育研究所