PAS心理療法基軸

以下に挙げるPAS心理療法基軸(PAS Psychotherapy Basics)は、PAS心理療法過程におけるスパイラルな前進過程課題です。PAS心理教育研究所 精神分析的心理療法課程 本科課程は、このPAS心理療法を理論、技法、実践において体系的に訓練する臨床・アカデミックコースです。

 

PAS心理療法基軸(PAS Psychotherapy Basics)

心理療法過程は、クライアントとセラピストの関係性の織りなす綾の展開であるから、決して一様な固定的なものではない。その過程はまた、単純に始まりがあり終わりのある線形モデルに収まるものではなく、人の誕生から死に至るまで続く非線形モデルにあり、いつ何処でも、何らかの異変により展開が反転、逆転するものでもある。そのような反転、逆転を大きな波に包み込みながらスパイラルな前進過程を助けるのが心理療法であり、本質的に人生過程とともにある。心理療法の学びは、停まらないメリーゴーラウンドのようであって、そこにそのスパイラルな前進のある営みである。

 

I. 心理療法の基本枠組み

1. 臨床的態度(clinical attitude)
2. 心的安全空間 (psychologically safe space)
3. 心理学的心性(psychological mindedness)
4. サポートの概念(concept of support)
5. 治療装置の地盤 (ground matrix)
6. 治療装置の構造 (structure of therapeutic apparatus)

 

II. 心理療法過程 起 forming

1. 心理的接触 (psychological contact)
2. ラポール (rapport)
3. 逆抵抗 (counter resistance)
4. 逆転移(counter transference)
5. 機能快(functional pleasure)
6. 作業同盟 (working alliance)

 

III. 心理療法過程 乱 storming

1. 抵抗 (resistance)
2. 直面化 (confrontation)
3. 行動化 (acting-out)
4. 体験自我 (experiencing ego)
5. 受容 (acceptance)
6. 共感 (empathic understanding)

 

IV. 心理療法過程 承 norming

1. セラグノーシス (theragnosis)
2. 解釈 (interpretation)
3. 観察自我 (observing ego)
4. フィードバックサイクル (feedback cycle)
5. 現実自己 (real self)
6. 治療同盟 (therapeutic alliance)

 

V. 心理療法過程 転 performing

1. 揺動的平衡 (oscillating equilibrium)
2. 微分的分析 (differential analysis)
3. 基底状態 (ground state)
4. 中核葛藤 (core conflict)
5. 真性自己 (authenticity)
6. 徹底操作 (working through)

 

VI. 心理療法過程 結 adjourning

1. 見切り (giving up)
2. 一人でいられる能力 (solitude)
3. フィードフォワードサイクル (feed-forward cycle)
4. 歴史的自我同一性 (historical ego identity)
5. 真性自己感 (sense of authenticity)
6. 空の感覚 (sense of vanity of vanities)

 

VII. 番外 unscheduled process

1. 治療的コンサルテーション (therapeutic consultation)
2. プレセラピィ (pre-therapy)
3. 支持療法 (supportive therapy)
4. 危機介入 (crisis intervention)
5. ケースマネージメント (case management)
6. 並行・家族・集団・組織システムズネットワークセラピィ (systems therapy)
7. コンジョイントセラピィ (conjoint therapy)
8. コンバインドセラピィ (combined therapy)
9. 多元統合療法 (multi-dimensional therapy)

 

基礎文献:

1. Rogers, C.R. (1942). Counseling and Psychotherapy. Boston: Houghton Mifflin Company.

2. From-Reichman, F. (1950). Principles of Intensive Psychotherapy. Chicago: The University of Chicago Press.

3. S. フロイト (1937). 分析技法における構成の仕事. フロイト著作集9 技法・症例篇 人文書院

4. 小谷英文 2005 精神分析・集団精神療法のスーパーヴィジョン 藤原勝紀 編 現代のエスプリ別冊 臨床心理スーパーヴィジョン p.78-87 至文堂

5. Farber, B.A., Brink, D.C, Raskin, P.M. 1996. The Psychotherapy of Carl Rogers. New York: Guilford

6. 小谷英文 1993 ガイダンスとカウンセリング 東京:北樹出版

7. 小谷英文 2005 心の安全空間 (現代のエスプリ別冊) 東京:至文堂

8. 小谷英文 2008 編 ニューサイコセラピィ 東京:風行社

9. 小谷英文 2010. 現代心理療法入門. 東京:PAS心理教育研究所 出版部

10. Levy, S.T. 1984. Principles of Interpretation: Mastering Clear and Concise Interventions in Psychotherapy. Northvale, New Jersey: Jason Aronson.

11. McCallum, M. & Piper, W.E. (1997) Psychological Mindedness: A Contemporary Understanding. Mahwah: Lawrence Erlbaum Associates.

12. Nichols, M. & Paolino T. Jr. 1986. Basic Techniques of Psychodynamic Psychotherapy. New Jersey: Jason Aronson.

13. Rockland, H.L. 1989. Supportive Therapy: A Psychodynamic Approach. New York: Basic Books Inc.

14. Sullivan, H.S. 1954 The Psychiatric Interview. New York: W.W. Norton & Co.

15. Sandler, J., Dare, C., Holder, A. 1992 The Patient and the Analyst: The Basis of Psychoanalytic process. Second Ed. Madison, Connecticut: International Universities Press, Inc.

16. Szasz, T.S. 1965. The Ethics of Psychoanalysis. New York: Basic Books Inc.