プロフェッショナルスクール

数年単位の継続的な訓練を通して、PAS心理療法・精神分析的心理療法・集団精神療法の理論・技法を学び、確実に実践できる技術・態度を習得するための訓練プログラムです。当スクールの特徴は、講義に加えて少人数クラスでの徹底した演習によって、厳しくも充実した訓練を受けることができる点にあります。バラバラな継ぎ接ぎの学習ではなく、一貫した理論背景に基づく体系的訓練を希望している方に適しています。

 

【PASプロフェッショナルスクールの訓練の特色】

① PAS心理教育研究所の臨床スタッフとして、実際の臨床活動に携わりながら訓練を進めます。ケースを持ち、スーパーヴィジョンを受け、臨床実践の体験から学ぶことができます。

② 自身の関心からプログラムを企画・運営し、技術・技法開発を進めることが可能です。また、倫理規定に則り研究活動を行なうこともできます。

③ 臨床スタッフ・訓練生が経験年数を問わず一同に会し、理論学習や実習を行います。毎週のグループ・スーパーヴィジョンでは、ほぼ全スタッフの事例が報告検討されます。熟練したセラピスト達と共に働き訓練することを通して、ファカルティ・レベルのセラピストの技術・態度を肌で体感しながら学ぶことができます。

(1) 本科コース(3年課程)

3年間で、精神分析的個人心理療法の技法・事例研究法・精神分析的集団心理療法の基礎技法の習得を目指すコースです。米国のPsy.D.トレーニング・プログラムに準ずるレベルの訓練を提供します。

○ 訓練時間:毎週月曜19:00〜21:00 理論講義

毎週金曜14:00〜21:00 技法演習・臨床実践・スーパーヴィジョン

その他、別途定められた日程の集中研修プログラムへの参加や、PAS心理教育研究所の開所時間内の臨床実践(インテークや個人心理療法の担当、各種プログラムのセラピスト体験など)、公開講座への参加など。

○ 授業料:年間720,000円(税別・分割払い可能)

*本科生は、センターで開講されるほぼ全ての公開講座やワークショップを無料で受講できます。

○ 修了後の進路:本科課程修了者には、修了証を発行致します。修了後は、臨床科・専攻科コースへの進学が認められます。また、研究員としてPAS心理教育研究所に所属し、引き続き臨床実践や研究に携わることができます。

 

(2)臨床科・専攻科コース(2年課程)

本科課程修了者がさらなる臨床訓練を積むコースです。詳細はホームページをご覧ください。

 

(3) カウンセリング・コース(1年〜)

各々が自身の臨床課題と目標達成の為に臨床訓練を積むためのコースです。メンター制度によるメンター指導のもと、各自の年間研修計画を定めて研修を進めます。各研修生には専属のメンターがつき、スーパーヴィジョンやガイダンスを通して、訓練課題の明確化、それに応じた訓練プログラムの立案、都度の成果確認などを助けます。訓練生は、卒後研修センターの公開講座の科目の中から、各々の関心・目標に適切なコースを自由に選択履修することができます(ワークショップ・一般向けプログラム以外)。また、成果に応じて当研究所で開催するプログラムに研修生として参与し訓練を積むことも可能です。

○ 訓練時間:適宜(個々の研修計画による。主に、選択した公開講座の開講時間)

○ 研修費:年間360,000円(税別)

○ 受講可能コース:公開講座のうち、(1)プロフェッショナルスクール セミオープンコース、(2)基礎講座、(3)専門講座の各講座。受講講座数の上限なく受講可能。

○ 訓練期間:1年ごとの在籍更新

○ 応募資格:
1. 心理療法関連領域の修士の学位を有すること。
2. 心理療法関連の臨床実務経験を2年以上有すること。
3. 在籍年度において、通年開講のコースを5つ以上受講すること。

○ 選考手続き:下記書類による書類審査および面接審査
1. 学位の証明:学位記のコピー
2. 所定の業績・履歴書
3. 研修計画書

○ 修了要件:
1. 受講コース4単位以上の取得(各コース担当者が単位取得可否を決定)
2. 研修開始時に受講コースを総合した研修課題を定め、メンターにより実施される課題修得度試験に合格する
*修了者には修了証を発行する。

○ その他特典:
1.成果に応じて、研究所プログラムへの研修生としての参加、プロフェッショナルスクールのスーパーヴィジョン陪席を認める。
2.研究所所蔵図書の無料貸出。

<カウンセリング・コース資料は以下のリンクから>

・カウンセリング・コース申込方法(2018年度)
・カウンセリング・コース申込方法(2019年度)
・カウンセリング・コース申込書
・カウンセリング・コース継続申請書

 

(4) Post-Doctral研修・研究コース(半年〜)

心理療法関連領域の学位(博士)を有し、その領域において実践・研究の実績を積んだ者が、精神分析的システムズ心理療法の技法習得、あるいは特定の研究を遂行するためのコースです。本科および卒後研修センターで開講される科目を自由に選択履修し、指導ファカルティによる指導のもと年間研修計画もしくは研究目標を定めて、研修・研究を進めます。

○ 研修費:年間 720,000(税別)

○ 期間:研修・研究目標の達成まで。1年ごとに在籍更新とする。遠方や海外居住などの事情により、半年単位の在籍も認める。

○ 半期の研修費:360,000円(税別)

○ 応募資格:
1.心理療法関連領域の学位(文学博士、心理学博士、医学博士、教育学博士、Ph.D.、Psy.D.など)を有すること。
2.心理療法関連の臨床実務経験を5年以上有すること。
3.学術業績レフェリー付オリジナル論文5点以上有すること。テキスト以外の専門単著は、レフェリー付きオリジナル論文3点とみなす。

<Post-Doctral研修・研究コース資料は以下のリンクから>

・Post-Doctral研修・研究コース申込方法(2018年度)
・Post-Doctral研修・研究コース申込方法(2019年度)
・Post-Doctral研修・研究コース様式1:申込書
・Post-Doctral研修・研究コース様式2:計画書

 

2019年度入学者選考日程

本科 カウンセリング
コース
Post-Doctral
(1)書類選考:応募締切 2018年10月末日 2019年2月末日 2019年2月末日
(2)選考試験
 ①筆記試験 2018年11月10日(土)17:30〜
 ②グループ体験
(アイデンティティグループ
参加)
2018年11月17日(土)
・18日(日)
(3)面接試験(審査) 2018年11月30日(金)14:45〜 書類選考後、随時 書類選考後、随時

より詳しい訓練内容や選考手順に関しては、ホームページより募集要項をダウンロードしていただき、そちらをご覧ください。ご不明な点は、お気軽に当センターまでお問い合わせ下さい。

1 Trackback / Pingback

  1. PAS最新ニュース(2016年1月28日) | PAS心理教育研究所

Comments are closed.