専門看護師(CNS)研修プログラム2018

講座の申込は下記の申込書に必要事項を記入の上、研究所までFAXまたは郵送でお送りください。

住所:〒153-0041
 東京都目黒区駒場2-8-9
FAX:03-6407-8201

 

申込書はこちらからダウンロードできます。

 

卒後研修センター 2018年度開講専門看護師(CNS)研修プログラム

 

精神看護ベーシック-オレム・アンダーウッドモデルの実践活用-

講師:宇佐美しおり

単位:0.9単位

コース目標:
 精神科病院、総合病院においてリエゾン精神看護(身体疾患を有する患者のうつ、適応障害、不安への対応)におけるオレム・アンダーウッドモデルの活用方法について事例検討、介入技法の検討を行う。

コース内容:講義、ケース検討を行う
第1回:隔離・拘束・せん妄患者へのセルフケア介入
第2回:うつ病、うつ状態の患者のセルフケア介入
第3回:急激なIC・身体疾患が悪化する患者のセルフケア介入
第4回:言語化できず身体化する患者のセルフケア介入
第5回:ターミナル患者へのセルフケア介入
第6回:PTSR,PTSD患者へのセルフケア介入
第7回:批判を繰り返す家族へのセルフケア介入
第8回:PTSR、うつ状態のスタッフへのセルフケア介入
第9回:まとまりのないチームへの看護介入

受講資格:
 オレム・アンダーウッドモデルに関心のある看護師、大学院生、専門看護師、高度実践看護に関心のある看護師を対象とする。

日程:第2土曜 10:30-12:30全9回
5/12, 6/9, 7/14, 9/8, 10/13, 11/10, 12/8, 2019/2/9, 3/9

料金:72,000円(税別)

定員:5名

 

 

オレム・アンダーウッドモデルの展開技法-力動的理解と介入技法- 

講師:宇佐美しおり

単位:1単位

コース目標:
 精神科病院、総合病院においてリエゾン精神看護(身体疾患を有する患者のうつ、適応障害、不安への対応)におけるセルフケアが困難な患者もしくはケア困難患者に対する力動的理解と看護ケア、介入技法について、事例検討、ロールプレイを通じて具体的に学び、自分の実践能力を向上させる。

コース内容:
 毎回、2事例ずつ、事例検討ならびに介入技法の検討を行う。

受講資格:
 専門看護師、専門看護師をめざす大学院生、看護師、高度実践看護に関心のある看護師

対象:
 専門看護師や高度実践看護、オレム・アンダーウッドモデルを置いた力動的理解の看護に関心のある看護師におすすめです。

日程:第4土曜 10:30-12:30(9月は第5週、3月は第5週の土曜日)全10回
4/28, 6/23, 7/28, 9/29, 10/27, 11/24, 12/22, 2019/1/26, 2/23, 3/30

料金:80,000円(税別)

定員:5名

 

 

コンサルテーション技法と組織における役割開発

講師:宇佐美しおり

単位:1単位

コース目標:
 病院、訪問看護ステーション、地域連携部署において、自分の能力の組織内における活用、組織における自分の役割開発の方法を、事例を通して獲得する。さらにチームや看護職へのコンサルテーション介入技法についてロールプレイを通じて修得する。

コース内容:
 毎回、①事例検討(1時間)と②コンサルテーションのロールプレイ(1時間)を行う。①事例については、管理者との交渉スキル、組織におけるCNSの位置づけ、役割開発の方法と実践能力に応じた役割の優先順位、多職種・管理者・看護連携の方法、組織ダイナミクスのアセスメントと組織への介入技法の検討を、事例を通じて検討する。さらにコンサルテーションについては、コンサルテーションの2つのタイプと4つのモデルに応じたロールプレイを行う。

受講資格:
 専門看護師、専門看護師を目指す看護師、大学院生、治療チームや看護職へのコンサルテーション・自分の役割・役割開発に関心のある看護師

対象:
 自分の部署、組織における役割獲得に関心のある看護師におすすめです。

日程:第4土曜 13:00-15:00(9月、3月は第5土曜)全10回
4/28, 6/23, 7/28, 9/29, 10/27, 11/24, 12/22, 2019/1/26, 2/23, 3/30

料金:80,000円(税別)

定員:5名