No.1704 精神分析的精神病理学の基礎Ⅱ:神経症から精神病各論 スタート(2017/09/25)

PAS心理教育研究所卒後研修センターは、「No.1704 精神分析的精神病理学の基礎Ⅱ:神経症から精神病各論」を2017年9月25日よりスタートします。

この講座は、精神分析的精神病理学Ⅱでは、神経症から精神病の基本力動を学ぶことができます。

講座は、「No. 1703 精神分析的精神病理学の基礎Ⅰ:総論」からの流れはありますが、本講座から受講し、学びをスタートすることが可能です。

 

講師:能 幸夫

単位:0.6単位

コース目標・内容:
精神分析的精神病理学Ⅰでは、精神病理学総論として、セラグノーシス査定や発生論に基づく立体査定の意味を学ぶ。精神分析的精神病理学Ⅱでは、神経症から精神病の基本力動を学ぶ。
1. 正常な人格構造; 健康なパーソナリティとしての正常な人格構造の理解
2. 神経症①:不安障害; 不安障害の精神病理;パニック障害、不安ヒステリー、外傷神経症
3. 神経症②:ヒステリー; ヒステリーの精神病理;転換ヒステリー、解離性障害、離人症
4. 神経症③:強迫神経症; 強迫性障害の精神病理;強迫神経症、強迫性人格障害
5. 人格障害・境界例; 境界性人格障害と自己愛人格障害の精神病理
6. 精神病の精神病理;気分障害および統合失調症スペクトラム障害の精神病理

日程:1クール6回
第4月曜 19:00-21:00
2017/9/25, 10/23, 11/27, 2018/1/22, 2/26, 3/26

料金:51,840円

定員:10名

チラシはこちらから
1704 精神分析的精神病理学の基礎Ⅱ:神経症から精神病各論