「最新 大災害メンタルヘルスケアガイド 不測の衝撃 危機介入に備えて知っておくべきこと」 販売中

PAS心理教育研究所理事長の小谷英文が監訳を務め、また研究所スタッフが翻訳に携わった「最新 大災害メンタルヘルスケアガイド 不測の衝撃 危機介入に備えて知っておくべきこと」が金剛出版から刊行されました。

監訳者より
「本書は大災害に備えるために、専門を越えて全ての医師に読んでもらうべく米国の最新知と対応の基本を伝えるものである。東日本大震災が残している大きな課題は、心のケアを提供する側と受ける側がスムーズに繋がらなかっただけでなくそのギャップが切れてしまったことにある。全ての医師、心の臨床家に読んでいただきたいのと同時に、誰もがケアを受ける側になる大災害に備えるため、全ての一般市民、社会や組織のリーダー、政治家の方々にも読んで欲しい書である。」

各種書店にてご購入いただけます。

 

hiddentop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文書付きのチラシはこちらからダウンロードできます。